• HOME
  • 自己PR動画
  • ネクシィーズ社長密着インターンシップ〜自己PR動画でインターンへ〜

ネクシィーズ社長密着インターンシップ〜自己PR動画でインターンへ〜

自己PR動画

ネクシィーズの近藤社長に学生が密着!1日インターンで社風を感じる

2020年1月27日、東京都渋谷区にて、大学生2人によるインターンが行われました!
「社長に密着」と題して行われた、豪華なインターン企画。今回は社員総勢約1,000名東証一部上場のネクシィーズグループです。
なかなかできない貴重な経験を、ここでレポートしていきます!

自己PR動画の選考で通った大学生

今回、この企画に参加してくれたのは、大学3年生の辻悠里さんと石原綾乃さん。
「社長の生き方や考え方を、今後の学生生活に活かしたい」「現場でしかわからない雰囲気を感じたい」と期待にあふれた様子で当日の抱負を語ってくれました。

(学生2人による参加への意気込み)

さて、今回のネクシィーズグループは、どんな会社なのでしょうか?

コミュニケーション第一ネクシィーズグループ

創業者の近藤太香巳社長が19歳の頃に、資本金50万円で創業。2004年、近藤社長が37歳の時に東証一部上場企業となり、当時最年少上場社長として大きな話題になりました。

時代の流れを先ゆく発想で携帯電話やインターネットを日本中に普及させることに貢献。大企業となった今でも近藤社長を中心に新たな事業に挑戦し続け、多くのビジネスパーソンをはじめとする若者に支持されています。

また自社の経営以外にも、2,000名を超える日本一の会員数を持つ経営者交流会、『パッションリーダーズ』を主導したり、JAPAN VENTURE AWARD 2006 経済産業大臣賞受賞、『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2019 Presented by GOETHE』 ビジネスイノベーション部門受賞など、とても活動の幅が広いことに驚きます、、、

そんな近藤社長率いるネクシィーズグループに密着したいと思います。

特別オリエンテーションと社内見学

第一部では、はじける笑顔が印象的な、社長室秘書課部長の嶋田美緒さんとのオリエンテーションと、社内見学等が行われました。

オリエンテーションでは、学生と嶋田さんと「仕事への向き合い方」の話に。「なんのために生きてるのか考えていったら、最終的に行きつくのは、みんな同じであるのかもしれない」と、嶋田さん。「皆さんにはワクワクする未来が待ってる」との言葉に、未来への期待に胸が膨らみました。

(社長室秘書課部長、嶋田さんによるオリエンテーション)

社内見学では、ネクシィーズの原動力になっているという活気あふれるオフィスや、独創的な社員食堂、そして、社員と壁の仕切りのない先進的な社長室など、実際に行ってみないと分からない会社の魅力に触れることができました。

プライベート空間になっていない社長の仕事スペースには、会社の先進性、そして心意気を感じました。オフィスの造りや細かなこだわりにも「フラットで活気溢れる社風」が表れていて、こういうところからでもその会社を知ることができるのだな‥と新たな発見になりました。

(フロア見学_オフィス)

近藤社長からの3つの学び

2部(後半)では、はじめに社長と学生がお話しする時間が設けられ、学生も同行した私も近藤さんの
価値観とアドバイスに胸が踊りました。

近藤さんは2つの大切にしている価値観がありました。

近藤さんが大切にしていることの1つは、“コミュニケーション”と”ピンチとチャンスを両方言うこと”だそうです。コミニケーションはやっぱりハート・トゥー・ハートやからと仰った近藤さんのお話を聞いていると、社内での活発にコミュニケーションに重きを置いているのが伝わってきます。

ピンチもかくさずに言う。 ピンチを言えない会社は戦わずして負けるわけやなと言う言葉そして、そのピンチをどうやってチャンスに変えるのか。そういうところもストレートに伝え合うことが、大切とのことでした。

(大切にしている価値観、コミュニケーション、ピンチも隠さずに言う)

また、社会人として大人として大切にしていることで”何が自分にとって一番大事か”、「やりがい」や「生きがい」を見つけることが必要だとも、近藤さんは言います。

『「つまんない」と思ってやるよりも、「楽しい!」「感動した!」と思ってやる方が人生楽しいじゃないか!』という言葉には、大きく頷いてしまいます。近藤さんの親しみやすく熱い語り口や、仲間をともに会社を創り上げてきたリーダーシップには引き込まれてしまうものがありました。

(大切にしている価値観、社会人として大人として大切にしていること)

最後の3つ目!これは就活中の学生に是非意識して面接にいくと良いポイントを近藤さんから頂きました。
「会社を選ぶ際に気を付けるといいポイント」

それは”「面接官が楽しそうに話ているか、ワクワクしているか」、もし楽しくして居なかったらそれは未来の自分入社後の自分だと思った方がいいよ”と仰っていてとても深い話になりました。

就職活動をする上で、会社をみるポイントの1つに面接官がワクワクしているかは就活生の皆さんに是非見ていただきたいポイントです。

(会社を選ぶポイント)

社内恒例行事N1グランプリ

その後は、社内イベントということで、今四半期の優秀社員が表彰される授与式、「N1グランプリ」に急遽参加することに!!

「頑張った社員に労いと激励を」という近藤社長のきっての想いではじまったこの表彰授与式。会社設立時からずっと続いているイベントで、驚くのは今回のような「営業職」ではない事務職や総務管理職などにも、定期的に表彰していることです。

すべての職種や社員の存在を大切にする近藤社長や、会社の理念がよく表れた社内イベントだと感じました。

(恒例イベントN1グランプリ)

その後はなんと‥社長と本日表彰された優秀社員とのクルーズ船でのディナーに参加させていただく事に!タクシーでお台場まで移動し、そのあとは皆でクルーズ船に乗り込みシャンパンで乾杯。社会で活躍する素敵な大人方に囲まれお酒を酌み交わしたこの時間は、就活生にとって忘れられない時間になりました。

ちなみに、こちらの「表彰式→クルーズ船ディナー」という表彰イベントは3ヶ月に一度行われているそうです(多い)!私達にとっては初めての体験でしたが、ネクシィーズさんにとっては恒例行事とのことでした(笑)

今回、急遽クルーズ船やその後のディナーにもお邪魔させていただくことができましたが、普段の業務以外のこのような社員同士、社長との交流がネクシィーズ全体の原動力になっていることは間違いないようです。

(表彰された優秀社員とのクルーズ戦)

密着を終えた学生の感想

密着企画を終えて解散したのはなんと夜の22時! (ちなみに社員さんと近藤社長はまだ盛り上がっていました)本当に、丸々一日密着させていただくことができました。

「長い時間社長と過ごせて、実りある時間となりました」と辻さん。
石原さんは、「実際行かないとわからない現場の雰囲気を感じられて、貴重な経験となりました」と感想を述べてくれました。

(学生二人による最後の感想)

まとめ

1日を通して、どんな小さなことでも包み隠さずオープンに会社を見せる姿勢は「社員にピンチもチャンスも正直に伝える」と仰っていた近藤社長の姿ともリンクしました。そこがきっとネクシィーズさんの最大の魅力なのだと思います。

今回の企画では、これからの人生を形づくる「就職」という壁に立ち向かう学生にとっても、強く背中を押されるような1日になったと思います。

これを書く私も学生ですが、密着動画を見ながら、社内の雰囲気や社長の熱のこもった言葉に、心を揺さぶられました。ネクィーズ、素敵だ〜!!

実際に行かないとわからないことがある。そして、その貴重な時間を、ここでは体験することが出来ます。ビデオマッチングは、次回も人気企業の社長に密着するイベントを企画してます。乞うご期待!

生田目龍之介(編集部)

新卒1年目のメディア責任者。ライター募集中、TwitterかFacebookでご連絡ください。マッチングの事業内容と会社の雰囲気に惹かれ、学生時代にビデオマ...

プロフィール

関連記事一覧

HR動画メディア「ワンシーン」/ 企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチ

「動画」や「オンライン」を切り口にHR業界を考察する動画メディアです。動画を活用した企業PRや、自己PR動画関連のコンテンツを始め、動画による働く人や職場の見える化や個人の魅力の伝え方など、企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチを発信してまいります。
ワンシーンへの思い

ビデオマッチングのサービス

サービスLPへのリンク

採用動画問い合わせ