• HOME
  • ホットな話題
  • 就活生が一番気になる、就活中の服装について〜企業規模や業種に合わせて解説します

就活生が一番気になる、就活中の服装について〜企業規模や業種に合わせて解説します

ホットな話題

「服装自由」この言葉に悩まされている就活生はとても多いのではないでしょうか? 自由だからといって私服を着ていくと周りはスーツばかり、逆にスーツを着ていくと私服ばかり。その失敗談は「就活あるある」で取り上げられるほどです。また、スーツを着ていくにしてもどんなスーツを選ぶのが良いのか、雰囲気はどのようにすれば良いのかも悩みの種ですよね。オフィスカジュアルが就活的にありなのかも気になるところです。

そこで今回は「服装」に関する就活生の悩みを解決すべく、企業規模や業種別、職種別と分けて徹底的に解説していきます。

「服装自由」が、実はとても「自由」じゃないということ


「服装自由」は本当に自由なのでしょうか?
その答えは「No」です。服装が自由だからと言って何を着てもいいわけではありません。
働き方改革によって「仕事に対する接し方」について、とても自由が出てきた最近で考えると、服装が理由で落とされることはほとんどないと言えるでしょう。

しかし、服装で場違いな印象を与えてしまうことで、「適当な性格だ」と判断されかねません。
したがって、これから解説するポイントを抑えて、外見から好印象を獲得しましょう。

   

「服装自由」の訳をきちんと知ろう

まず企業側が「服装自由」とする理由は以下の2つです。
1. 参加してもらいやすくする
2. どんな人なのかを見たい

通常、採用活動は早ければ夏から始まります。暑い時期にスーツを着ることは就活生にとって酷ですし、社員もクールビズ期間なので「涼しい格好でも良いよ」としているのです。

また、最近では面接の代わりに「面談」という形式が用いられています。これは一方的な面接官からの質問ではなく会話形式で、なるべく就活生に気軽に臨んでもらえるようにという理由で多くの企業がこの形式を取っています。「服装自由」もこれと同じ理由です。

そして、最大のポイントとして「どんな人なのかを見たい」ことにあります。就活は良くも悪くも素の姿を隠してしまいます。そこで、自分らしい服装を着てもらうことで、就活生に「普段の自分」を発揮してほしいのです。その人がどんな性格で、どんな価値観を持っているのかを知りたいと考えているのです。

「服装自由」の対処法は?


「服装自由」と書かれている場合の対処法は「社風に合わせる」ことです。
就活において選考を通過する、内定を勝ち取るために必要なことは自己分析が大前提にありますが、「企業について知ること」がとても重要です。B to BかB to Cなのか、企業としてどんな役割を担っているのかを知ることで、自分が入社した際にどのように活躍できるのかをアピールできるからです。銀行や証券などの金融企業の面接にラフな格好で行こうとは思いませんよね。「服装自由」とされている場合は企業や職種などに合わせ選ぶことがベストです。

業種・職種・規模で考えると

業種
業種で判断するには「どんな役割を持っているのか」で判断します。先程も申し上げましたが、銀行や証券などの金融業界では「信頼性」を重視しています。そういった企業では落ち着いた無地のスーツの方が好まれますし、ネクタイも小柄で落ち着いている方が良いでしょう。ただ、真っ黒すぎると相手に威圧感を与えてしまうので、濃紺色をお勧めします。女性も同様で、座った際にスカートが膝を覆う程度、パンプスも黒色で落ち着きのあるメイクにしましょう。

Web業界やアパレル業界、広告業界ではデザインを主な仕事とするため比較的柔らかい雰囲気が好まれる傾向にあります。「服装自由」とされている場合には私服でも構いませんが派手な色や柄、露出の多い服などはNGです。最低限のマナーとして、男性ならば襟付きシャツにジャケット、パンツはチノパンがお勧めです。女性ならば必要書類が入る大きさのカバンで、フレアスカートやヒールの高さが5㎝程度といった派手すぎない雰囲気が大切です。

職種
営業職のような自社以外の人に接する職種では、スーツが良いでしょう。その企業の顔となる仕事を任せる人を選んでいるのに、ラフすぎる服装では良い印象にはなりませんよね。加えて営業職では「明るさ」と「清潔感」がより重要となってきます。男性ならば濃いグレーや濃紺の色で、少し明るめのネクタイでチェックでも良いですね。女性ならば淡いピンクで少しふわっとしたスカート、3~5cmほどのパンプスといった、落ち着いた雰囲気のオシャレなら構いません。

逆に自社の人としか関わらない経理や法務のような職種は社内でのコミュニケーションも重要視されます。固い雰囲気のスーツよりも少しラフさを感じさせるオフィスカジュアルが好まれるでしょう。

規模
社風にもよりますが、規模が大きければ大きいほど「組織」という認識が強くなり、統一性や公平性を重んじる傾向にあります。また、大きい規模の企業は、同規模の企業、組織とビジネスを展開していることから、イメージがとても大切です。濃いグレーや濃紺色のスーツでネクタイを明るめにする。パンプスも3~5cmで、ブラウスを淡い色にするといった、落ち着いた雰囲気のオシャレ感を出すと好印象です。その中で職種や業種に合わせて選びます。

スタートアップ企業やベンチャー企業の場合は「組織」より「個性」を重んじる傾向で、多種多様な人材を求めている印象です。したがってオフィスカジュアル、もしくは自分を表現できるような服装がベストです。

私服を指定された場合
私服が指定されている場合は私服を着ることが一般的です。スーツを着ていくことは、「指定に沿わない人」と判断されかねません。それでも私服に抵抗感がある人や自信のない方はオフィスカジュアルで行くと良いでしょう。就活の段階でも後々はオフィスカジュアルを着ることが必ずと言っていいほどあるので、今のうちに買っておいても損はしないです。

もし私服を指定している企業の面接前に、スーツを指定している企業の面接がある場合は人事担当の方にスーツを着ていく旨を連絡することがマナーです。何の連絡もなく指定を無視することは悪い印象になりかねません。ひとつ連絡をするだけで悪い印象を防ぐことになるので、面倒事だと思わずに、できることをしましょう。

カジュアルな服装を指定された場合
「カジュアルな服装」と書かれている場合は大ヒントだと思ってください。これは「オフィスカジュアルで来てください」 ということです。迷わずオフィスカジュアルを着ていきましょう。

おすすめオフィスカジュアル
おすすめオフィスカジュアルを男性、女性に分けて書いていきます。

男性:カジュアルな服装で好印象を与えたい場合、革製品や奇抜な柄はNGです。一般的に男性の場合はジャケットに襟付きシャツ、チノパンに軽めの革靴だと清潔な印象です。オフィスカジュアルは、あくまでもオフィスで働いている方が着ている服装を、就活生が着ているだけなので、目立つような色や大きな柄が入ったデザインは避けましょう。逆にスニーカーのようなラフすぎる服装もだめです。

女性:男性と同様、奇抜な色や柄を選ぶことは避けましょう。女性の場合はジャケットに、ブラウスやカットソー、パンツもしくはスカートに3~5cmのヒールが良いです。胸元が開きすぎず、座った際に膝を覆う長さのスカートにしましょう。また、汗をかいた際を想定して、染みない素材や色を選ぶことをお勧めします。

男性、女性共に共通するポイントとしては「目立ちすぎないこと」「少しのオシャレ」「トータルで似合っているか」です。服装に迷った際には家族や友人に評価してもらいましょう。

今回は就活中の服装について解説しました。
就活で一番大事な部分は「自己分析」です。企業に合わせた就活対策ももちろん重要ではありますが、自分に合った企業選びはそれ以上に重要です。まずは自己分析をしっかりと行ったうえで、企業に合わせた就活対策をしましょう。

「服装自由」と書かれている場合は本当に何を着ても良いという訳ではなく、これには「常識の範囲内で」という言葉が隠されています。服装を決める際には「業種、職種、規模」で判断することがポイントです。金融業界のような「信頼性」を求めているのか、ベンチャー企業のような「個性」を求めているのか、しっかりと見極めることが必要となります。

「第一印象は5秒で決まる」と言われています。初対面の相手を見た際、視覚による情報で相手を判断し、なかにはその人の人格まで決めてしまう人もいます。それほどまでに第一印象、つまり就活中における外見は重要なのです。今回解説したポイントを抑えて、外見から好印象を獲得しましょう。

参考URL
スーツのプロと就活のプロが、あなたの就活をワンランク上に導く【AOKI就活magazine】
コーディネートの違いを学ぶ、業界別着こなし対策
https://www.aoki-style.com/feature/recruit/magazine/pc/style/s_05/
ASvice:【人事担当者が教える】就活で「服装自由」と言われた時に最適の服装
https://www.xn--ad-og4apd7e.com/business_cusual/
就職ジャーナル:就活で「カジュアルな服装で」と言われたらどうする?スタイリストがアドバイス
https://journal.rikunabi.com/p/advice/38003.html

編集部

「動画」や「オンライン」を切り口にHR業界を考察する動画メディアです。動画を活用した企業PRや、自己PR動画関連のコンテンツを始め、動画による働く人や職場の...

プロフィール

関連記事一覧

HR動画メディア「ワンシーン」/ 企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチ

「動画」や「オンライン」を切り口にHR業界を考察する動画メディアです。動画を活用した企業PRや、自己PR動画関連のコンテンツを始め、動画による働く人や職場の見える化や個人の魅力の伝え方など、企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチを発信してまいります。
ワンシーンへの思い

ビデオマッチングのサービス

サービスLPへのリンク

採用動画問い合わせ