• HOME
  • 優秀な人材の採用
  • 動画選考のコツ。採用動画で本当に採りたい人材がやってくる〜人事・採用担当者は見逃してはいけない

動画選考のコツ。採用動画で本当に採りたい人材がやってくる〜人事・採用担当者は見逃してはいけない

採用動画で学生に会社のPRをしている企業が増えています。Webで文章や画像で採用情報発信している企業はたくさんあります。しかし、学生に会社の魅力を伝える際に文章や画像だけで本当に伝わるのでしょうか。動画メディアに慣れ親しんだ現在の学生にこそ、動画による情報発信が学生の心を動かします。

もしも採用動画を使わずに、

・Webメディアの求人広告サイトで満足のいく採用活動ができていない
・せっかく採用してもミスマッチで、すぐに辞めてしまう
・採りたい人材に会社の魅力を十分にPRできていない

このように悩んでいるなら、いまこそ採用動画を制作する時期です。採用動画を活用する企業も増える中、文章や画像だけの情報発信では、せっかくの企業の魅力も埋もれてしまいます。採用動画で本当に採りたい人材が採れる理由をご紹介します。

動画選考を始めましょう。まさか求人票だけで良い学生が集まると思っていませんか?

求人票の文章や写真を用意すれば良い人材が募集してくる時代では既にありません。わざわざ採用動画をお金と手間をかけてまで用意する意味があるのかと感じる採用担当者の方も多いのではないでしょうか。しかし、多くの企業や官公庁が採用動画でPRをする中で、求人票やWebの文章・写真だけで採用を済ませようとしても難しくなりました。むしろ良い人材を集めようとしている企業ほど、求人票だけでなく採用動画にも力を入れています。求人票だけで人材を集めるのが難しい理由を説明します。

学生は求人票の「アットホームな職場です!」は信用できない

求人票に「アットホームな職場です!」・・・と書いても学生にはピンときません。むしろ、公私混同なブラック企業なのでは?内輪の結束がかたすぎて風通しの悪い企業なのでは?と警戒されてしまう可能性すらあります。求人票の文章だけで職場の雰囲気を正しく伝えるのは、とても難しいことです。本当は魅力的な職場なのに文章や写真だけでは、魅力を伝えきれない会社も少なくありません。

求人票に営業・事務・生産管理、職種だけ書かれていてもイメージできない

営業や事務を経験したことがある学生がどれだけいるのでしょうか。しかも営業も事務も会社によってやることが全然、
違うこともありますよね。もしかしたら学生が求人票の文言だけを読んで、間違ったイメージをもったまま面接を受けてもミスマッチで終わってしまう可能性も考えられます。

初任給や待遇だけで応募してくる学生に時間をとられてしまう

求人票を読めば初任給や年間休日120日といった表向きの待遇だけなら分かります。待遇や条件だけを見てとりあえず応募をしてみる学生も少なくありません。しかし初任給や待遇以外にも仕事をするうえで大切なことはたくさんあるのではないでしょうか。例えば会社のカルチャーにマッチしているか?気持ちよく一緒に働けるのか?価値観に共感しているか?など色々あります。しかし求人票だけで採用広告を出してしまうと、文章だけではよく分からないからと待遇だけで応募してくる学生の選考に時間をとられてしまいます。

採用動画なら採りたい人材をとれる5つの理由


採用動画で学生や転職希望者に自社のPRをしている企業が、近年、増えています。試しにYouTubeで「採用動画」と検索してみると、大手企業から地方のローカル企業、さらには地方自治体まで多種多様な業種の採用動画を視聴できます。どのような採用動画がつくられているのかを知るならYouTubeで採用動画を見ると参考になります。きっと真似してみたい魅力的な採用動画を発信しているお手本も見つかります。

採用動画の中身はどのような内容で構成されているのでしょうか? 実際に採用動画を見ると分かるのですが多くの場合、採用動画は主に2つのコンテンツで成り立っています。

・実際に働いている人へのインタビュー
・働いている人の現場の様子

実際に働いている人のインタビューや現場の様子を臨場感があふれる動画で映すことで、文章や写真だけでは表現できないことが伝えられます。学生や転職希望者も文章や写真だけの情報よりも、よりリアリティのある動画を見ることで安心して求人に応募できます。

動画なら、会社で働いている人の魅力が伝わる

世の中には学生にあまり馴染みがない仕事や魅力が伝わっていない仕事も多いのではないでしょうか。普通に生活しているだけだと中身がわかりづらい仕事もたくさんあります。

例えば、航空会社を客として利用する場合、客室乗務員の人は利用客でも接することが多いですが整備士の人とは実際に話すことはほとんどありません。それに客室乗務員の仕事も利用者に見えている範囲はごく一部にすぎません。動画ならば臨場感があふれる映像で働いている人の声を直接、届けることができます。

応募しようかどうか悩んでいる人に、実際に職場で働いている人の表情がわかるインタビュー動画は、背中を押してあげる力があるのではないでしょうか。

採用動画なら、働いている職場の様子や舞台裏を映像で伝えられる

採用動画なら働いている職場の様子や舞台裏も映像で伝えることができます。例えば、小売業ならば、レジだけでなく棚の陳列や商品の展示、お金の管理など利用客には見えない仕事があります。

普通なら目に触れない舞台裏を見せられるのも採用動画ならではです。

学生も転職希望者も新しい仕事に応募する際は、文章や写真だけでは何をしているのかよくわからず不安になるのではないでしょうか。実際の職場の雰囲気を臨場感あふれる動画で見せることで安心して応募してもらえます。

動画は文字より印象に残りやすい

動画広告とバナー広告のどちらが内容を見た記憶があるのか調査した実験結果があります。動画広告が14.7%でバナー広告が8.9%という結果でした。また、広告の内容を覚えているかどうかの比較調査でも、動画広告が71.4%でバナー広告が60.6%でした。つまり動画は文字や画像だけで構成された情報よりも目にとまりやすく印象に残りやすい傾向があります。

動画は静止画や文字だけの情報よりも好感度UP!

動画のある広告とない広告の比較調査によると、動画のある広告を見たユーザーは、動画広告がないユーザーに比べて5倍多いという結果があります。動画メディアの方が静止画や文字だけの情報よりもブランド価値が高められるなら、採用動画を使わない手はありません。

企業に合った人材に来てもらえる

採用動画で実際に働いている人のリアルな様子や考えを伝えられれば、企業の求めるカルチャーに近い人材を集めやすくなります。「類は友を呼ぶ」という諺もありますが、学生でも体育会系の学生の周りには体育会系の学生が集まりますし、起業家志向の学生の周りには起業家志向の学生が集まります。動画ならば文字とは違い、どんな人材が会社に
集まっているのかも一目で分かるため、自然に企業文化にあった学生の応募も増えるのではないでしょうか。

これからの採用動画はタテ型!? スマホファーストで作るのがおすすめ


これから採用動画をつくるなら、スマートフォンで見やすい縦型の動画がおすすめです。実は、現在の求職者の90%は採用サイトやSNSをパソコンではなくスマートフォンで見ています。せっかく採用動画をつくってもパソコン用だとスマートフォンでは見づらく伝えたいことも十分に伝わりません。

タテ型の採用動画なら、
・ヨコ撮りのほとんど小さい画面でしか見てもらえない
・タテ撮りで短時間の採用動画は最後まで見てもらえる
・タテ撮り採用動画は隙間時間や通勤時間でも気軽に見てもらえる
・ヨコ撮りで撮影されると普通の人は緊張する

など実際に学生や転職希望者が見る端末に合わせた採用動画をつくることで、より会社の魅力を伝えることができます。また従来型のパソコンに最適化された動画よりもスマートフォンで見た場合、印象に残りやすいのではないでしょうか。

たった30秒の採用動画でも効果抜群!動画で得する3つの理由

採用動画が効果的でも制作費も手間もかかるのでは?と感じている人も多いのではないでしょうか。しかし採用動画だから、お金をかけて制作会社にプロモーションビデオやドキュメンタリービデオのような動画制作を依頼する必要はありません。あなたが持っているスマホで30秒ほど職場の普段の様子や雰囲気を映すだけでも十分です。

「録画ボタンを押して30秒だけ職場の様子を撮影して投稿する」

そんな簡単な動画でいいの?と思うかもしれませんが問題ありません。むしろつくりこまれすぎた採用動画では、実際の職場の雰囲気が分かりませんし、現実とかけ離れすぎることもあります。学生が本当に知りたいのはリアルな職場の雰囲気や先輩社員の人柄です。採用動画をつくるだけで3つのメリットがあります。

学生の応募ハードルが下がる

たった30秒の動画でも職場の雰囲気や働いている人の表情が見えれば、学生の応募へのハードルは下がります。求人票の文章や数枚の写真だけでは、応募するのが不安になってしまいます。しかし短い動画があるだけでも職場の雰囲気は伝わり応募を迷っている学生の背中を押してあげられます。

Webや動画などITリテラシーの高い人材が集まる

ITリテラシーが比較的、高い層に届くのも採用動画の強みです。積極的に求人票だけではなく採用動画をチェックしている学生は情報感度が高い学生も多く、これからますます求められるWebやリモートワークに強い人材を採用しやすくなります。Afterコロナ、Withコロナ、などと言われアメリカのGoogleやFacebookもリモートワークをする人が増えると言われています。日本でもリモートワークをしなければいけないことも増えていくのではないでしょうか。採用動画や自己PR動画など、動画メディアに慣れ親しんだ学生は、これからますます求められていきます。

全国の優秀な人材を臨場感ある動画で呼びこめる

地方の魅力的な企業や自治体が採用活動で、なかなか良い人材が集まらないと困っていることも多いのではないでしょうか。例えば石川県に全国的に通用するビジネスをしている優良企業があっても、なかなか全国から応募者を集めることはできません。求人票をWebで掲載しても、文章や写真だけではなかなか都心の人が応募するにはハードルが高いからです。
しかし徳島県のように採用動画で全国にPRをして優秀な学生や受験生を集めようとする自治体もあります。求人票で
初任給や待遇だけを記載するよりも、どんな職場でどんな人が働いているのかも動画なら伝えられます。

採用動画が、ミスマッチを生んできた従来型の就活を変える

従来型のWebの就活サービスは20年以上前にできました。就職活動は、Webサービスを通して、手当たり次第たくさん応募するスタイルになりました。郵送で履歴書を送るのが主流だった就職活動を、良くも悪くも従来型の就活サービスは変えました。Web媒体の就職サイトが就職活動を開かれた形にし利便性が高くなった面もあります。しかし、従来型の就活サービスは、学生や求職者、企業それぞれの価値観や共感、やりがいや充実感を置き去りにしている部分も否めません。

従来型の就活サービスは、学生や求職者を客観的な年齢や学歴、職歴といったフィルタリングはできたものの、価値観や共感の部分でのマッチングには向いていませんでした。

しかし、動画メディアには就職活動を変える力があります。文章や写真だけでは十分に伝えられなかった働いている人や仕事の魅力を、リアリティのある形で伝えられるからです。企業側だけではなく近年は学生側も自己PR動画をつくることが増えてきました。

企業も学生もお互いが文章や写真だけでは伝えきれなかったそれぞれの魅力を発信するのがこれからの就職活動です。同じ内容でも伝え方が変われば印象は変わります。

採用動画なら、これまで伝えきれなかった働いている人の声や表情、職場の雰囲気を伝えれば文章や画像だけの発信よりも臨場感のあるメッセージを学生や転職希望者に伝えられます。より臨場感のある動画を発信することで、こんなはずじゃなかったという求職者側のミスマッチも減らし会社の雰囲気にあった人材が集まります。

まとめ

採用動画は従来型の就職活動を変える力をもっています。

・実際に働いている人のインタビューを臨場感のある形で伝えられる
・文章では想像しづらい職場の様子を映像で伝えられる
・動画は文字より印象に残りやすい
・動画は静止画や文字だけの情報よりも好感度UP!
・企業に合った人材に来てもらえる

特にこの5つが採用動画の強みです。学生や転職希望者に馴染みのない業界や職種の魅力も採用動画を通して魅力を発信すれば、良さを分かってくれる層に届くのではないでしょうか。また若い
層はスマートフォンで求人情報を探しています。スマートフォンでも見やすい縦型の採用動画はより伝えたい会社の魅力が伝得ることができ差別化にもつながります。

採用動画×タテ型が、今後の採用動画の主流になる日も遠くないのではないでしょうか。

田守 正彦

Webライター 石川県金沢市出身。明治大学法学部卒。タイの国立大学講師を経てフリーランスのライターに転身。タイ人学生の日系企業就職支援、留学生の就職支援にも...

プロフィール

関連記事一覧

HR動画メディア「ワンシーン」/ 企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチ

「動画」や「オンライン」を切り口にHR業界を考察する動画メディアです。動画を活用した企業PRや、自己PR動画関連のコンテンツを始め、動画による働く人や職場の見える化や個人の魅力の伝え方など、企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチを発信してまいります。
ワンシーンへの思い

ビデオマッチングのサービス

サービスLPへのリンク

採用動画問い合わせ