不人気業界の採用難解決には、採用PR動画活用が効く〜イメージで損しないために!

優秀な人材の採用

不人気業界だけど採用難を何とかしたい、と考えている企業も多いのではないでしょうか? 学生たちはというと、残念ながら大多数が間違った先入観で就職活動を進めてしまいます。

・ブラックな業界のイメージあるけど、うちはそんなことはないのに・・・
・実は一般には知られていない面白い事業をしているのに
・学生が何やっているか分かりづらい業界・職種だから応募が全然ない!

イメージで損をしているのでは? と感じている採用担当者の方もいるかもしれません。そんな不人気なイメージと現実のギャップを埋めるのが採用PR動画です。テキストと写真の求人広告だけでは伝わりきらない魅力をPR動画で学生たちに届けましょう。

動画こそ、不人気業界の採用難を解決できる唯一のメディア


テキストと写真が中心のWebメディアの求人広告は、確かに幅広く学生にその会社の採用をPRできます。しかし、学生たちからネガティブなイメージをもたれた不人気業界のイメージを大きく変えるには、Webメディアを使っているだけでは不十分です。新しいメディアとしての動画活用ならば、文章や写真では伝えられないことも伝えられます。

動画じゃないと伝わらないリアルな働く人と職場の雰囲気

動画なら、その場にいるかのような臨場感や社員の表情までも学生に届けられます。
写真やテキストだけでは伝わりきらない職場や社員の様子を伝えることで、学生が不人気業界に対して持っている、あるいは感じている先入観を変えることができます。社員や職場のリアルな様子を、その場にいるかのような臨場感で伝えられるのが動画の強みです。

学生になじみのない仕事でも、動画ならば学生に届けられる

よく知られていないレアな仕事、言葉ではなかなか説明できない仕事も動画を使えばわかりやすく伝えられます。
特に、学生たちは、働いている社会人の様子を自分の目で見る機会はあまりありません。学生に身近な業種でも、学生が目にしている部分は全体の仕事のほんの一部分にすぎません。

例えば、
・小売業なら、レジ打ちだけではなく、棚卸しや仕入れ、売り場づくりなど目に触れにくい仕事があります
・メーカーなら、生産管理など普通に暮らしているだけでは実際に関わらない仕事・職種がたくさんあります
・アパレルなら、商品の流通を管理するマーチャンダイザーや繊維開発(商品開発)なんて仕事もあります

これらの学生に馴染みのない仕事や職種を文章や写真だけで紹介しても、なかなか実感できません。しかし、動画なら、どんな人がどんなことをしているのか一目で分かります。学生も中身がよく分からない仕事や職種に応募するのは、二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。しかし、動画で現場の雰囲気を伝えられれば興味をもってくれる学生も出てきます。

テキストと写真だけでは業界のイメージは変わらない

テキストと写真が中心のWeb求人広告だけでは、業界のイメージを変えることはとても難しいでしょう。

例えば、

・社員が明るく元気そうな写真
→ どうせ写真の時だけ頑張って明るそうにしてるのでは?

・「アットホームな職場です!」
→ 本当かな? 文章だけじゃとても信じられない・・・

このように思われてしまうことも多いのではないでしょうか? 不人気業界のイメージを払拭するには、テキストと写真だけのWebメディアでは不十分です。
では、どう動画を活用してイメージ改善につなげていくかを考えていきましょう。

イメージ改善は職場の本当の魅力を動画で5つ届けよう

採用PR動画で採用難を解決するには、先回りして学生が抱いていそうなネガティブなイメージが実態とは違っていると具体的にわかる動画を届けることです。

例えば、眼鏡メーカーのOWNDAYSの採用PR動画は働きやすさ、イケてる先輩の様子、学生が知らない取り組みなどがうまくPRされている良い事例です。

(OWNDAYS 2019)

1:ブラックな職場のイメージを動画で払拭

長時間労働、少ない休日、働きづらい雰囲気、理不尽な環境など、いわゆるブラック企業や業界は学生から敬遠されています。しかし、働き方改革で定時帰宅を推奨する流れもあり実際はブラックな職場ではないところもあります。

もしも本ブラックな労働環境だと誤解されていそうなら、

・動画で働きやすい環境であること
・社員の1日のライフスタイルを動画にする

など働きやすいことを動画でPRしましょう。

2:イケてない業界だと思われてる? イケてる先輩社員を動画で届けよう

働いている人がイケてる方が、学生も「自分もこんな風になれるんだ」と憧れをもってくれます。
会社に尊敬できる上司や先輩がいれば学生の応募意欲も高まります。写真やテキストで「生き生きと働いているかっこいい先輩もいますよ」というより、動画でイケてる先輩社員の様子を見せた方がリアリティがありますよね。

3:業界に未来がないと思われてる? 学生が知らない取り組みを動画で届ける

学生から業界に未来がないと思われては応募者は増えません。
しかし、不人気業界の中にも学生が知らない新しい事業や取り組みを積極的に進めている企業も多いのではないでしょうか。もしも、業界に未来がないと思われてると感じるなら、学生が知らない取り組みを動画で届けましょう。

4:学生のイメージを良い意味で裏切る動画が効く!

学生から保守的、つまらなそうと思われて不人気になっている業界や企業なら、あえて学生がもっていそうなイメージを良い意味で裏切るPR動画も効果的です。
例えば、創業100年を越える老舗メーカーの「ハカルプラス」(旧タケモト電気)の採用動画はあえて老舗メーカーらしくないシュールなアニメーション動画で話題を集めました。

https://www.youtube.com/watch?v=HYClDUofd6U

(ハカルプラス×Peepinglife)タケモト電気の会社説明会動画

5:建前よりも会社のリアルを動画で届けよう

もしも学生にPRできることが思いつかなければ、無理に建前だけの採用動画を制作するよりも業界や会社の本音、リアルがわかるPR動画がおすすめです。

学生は嘘で塗り固められた会社PRなんて見たくないのではないでしょうか? もしも入ってから、「こんなはずじゃなかった」と思われたら早期離職の原因にもなってしまいます。むしろ、本音の会社PRをした方が会社と相性の良い学生の応募を見込めるはずです。

まとめ:不人気業界のイメージとリアルのギャップを動画で埋めれば、採用はうまくいく!

学生の先入観、イメージだけで敬遠されてしまう不人気な業界もあります。しかし学生が抱くネガティブなイメージが実態とかけ離れているなら、イメージとギャップを埋めるPR動画が採用難に有効です。テキストと写真だけでは伝わらない魅力を学生に伝える力が動画にはあります。

不人気業界の採用難には動画PRが有効です。動画だからこそ伝えられる臨場感あふれる職場や働く人の様子を学生に届けられます。

・動画じゃないと伝わらないリアルな働く人と職場の雰囲気
・学生に馴染みのない仕事でも動画なら学生に分かりやすく届けられる

動画ならテキストや写真だけでは埋まらない学生がもつ不人気業界のイメージと業界の良さのギャップを埋められます。不人気業界こそ動画PRを活用し採用活動を成功させましょう。

資料ダウンロード申し込みフォーム

田守 正彦

Webライター 石川県金沢市出身。明治大学法学部卒。タイの国立大学講師を経てフリーランスのライターに転身。タイ人学生の日系企業就職支援、留学生の就職支援にも...

プロフィール

関連記事一覧

HR動画メディア「ワンシーン」/ 企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチ

「動画」や「オンライン」を切り口にHR業界を考察する動画メディアです。動画を活用した企業PRや、自己PR動画関連のコンテンツを始め、動画による働く人や職場の見える化や個人の魅力の伝え方など、企業と個人の新しいコミュニケーションのカタチを発信してまいります。
ワンシーンへの思い

ビデオマッチングのサービス

サービスLPへのリンク

採用動画問い合わせ